読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォロワさんを審神者化したよ

お名前(アカウント)

⊿職業//性別//近侍

審神者について

 ⊿その審神者が持つ不思議アイテムを一部抜粋

 

---------------------------------------------

まだらおさん(@Kameliee)

⊿古美術商//女性//乱藤四郎

⊿勝気で芯の通った審神者
可愛い人が大好きでその影響から近侍を乱にして連れている。自身も女性だが特に女性を可愛がり、反面可愛らしい物にはあまり興味がない。曰く生きているその様が愛おしいのだという。けれども自身で剣を持つ程度には武術を嗜み、緊急時には自分の身は自分で守るスタイル。全力で他人を甘やかし、自分には厳しくのスタンスの審神者を乱は呆れ、苦言をこぼす事もあるが、それが生きがいなのだと本人は笑っている。

「思い出カメラ」

古めかしいポラロイドカメラ。シャッターを切ると、使用した人物が一番心に残っている情景を映し出す。フィルムは合計で25枚。使い切った場合はポラロイドカメラを丁寧に手入れした上で通常のフィルムを使用して25枚の写真を撮らなければならない。クセの強いカメラだが、彼女は人に持たせて撮らせるのを好む。

「金のティースプーン」

なんの変哲もないティースプーン。華奢なシルエットに小さな水晶の粒が飾りとして使われている。お気に入りなのだと審神者が好んで使う。粉砂糖を掬い紅茶に溶かす様は美しく様になっているが、そのティースプーンは違うものも「救っている」と密かに噂のある、曰くつきの一品。

---------------------------------------------

ろこさん(@lo_aihiro01)

⊿学生//女性//秋田藤四郎

⊿引っ込み思案で不安症な審神者
根が酷く真面目な性格から、不安症で肩を竦める姿勢が癖になっている為肩こりが酷い。物事をネガティブに捉えがちで自分に自信がない反面、本丸や刀剣男士に対する思いが強く、事実刀剣男士個々の練度も非常に高い。インドア派で篭る事が多い為、近侍にと皆から勧められた秋田を傍に置いているが、秋田のポジティブで行動的な様に振り回されつつも、ふたりで一緒に新しい事を知っていく様は微笑ましいものがあるのだとか。

「金色折り紙」

審神者が密かに万屋で買った折り紙。2枚セット。秋田が誉を取った時にこれでメダルを作る為に、密かに色紙でメダルの折り方を練習中。霊力が込められた金色折り紙は上手く折れれば折り手の小さな願い事をひとつだけ叶える効果があるが、審神者はそれを知らず、おそらく贈られる秋田も知ることはないが故、2人の知らぬ所で小さな願い事は密やかに叶う。

「白亜色のピルケース」

小さな白いピルケース。蓋を開ければその時に必要に思った薬を必要な分だけ取り出してくれる。月の頭に補充する必要があり、補充した分にしか取り出せず、補充は必ず月頭にのみ可能となる為、大事な時に薬を取り出せない場合もある。彼女は頭痛薬と、酔い止め、それから秋田が怪我をした時用に可愛らしい絆創膏を貯めている。

---------------------------------------------

弥生さん(@yayoi_a03)

⊿駄菓子屋経営//女性//大和守安定

⊿のんびりとした雰囲気の着物審神者
はきはきとした物言いと芯の強い仕草からどことなく保護者感溢れる頼りがいのある女性。本丸を運営する傍らで駄菓子屋を経営しており、審神者になる前から継いでいた店をそのまま引き継いでいる。よく店先で近侍の大和守が店番している様が見られ、審神者や刀剣男士が主な客層。時折妖怪や付喪神、人には見えない客人が甘味を求めてやってくる為、人外の知り合いも多いとか。また人外の客とのやり取りの際、物々交換として様々な物を頂く為、物の置き場に最近困っている。

「のぞき見ルーペ」

人の心が見えるルーペ。利き手で持ち、利き目で相手の心臓辺りを見ればその人の本心が見えるという。古い本の付喪神との取引の際に代金の代わりに頂いた物。今は埃を被り店の隅で引き取り手を待つ日々。審神者は使い方を知っているが、店番の大和守は「ガラクタ」としか説明しない為、引き取り手がなかなか見つかっていない。

「万華鏡」

審神者が大和守にあげた物。青とさし色に赤が混ざった万華鏡。中をのぞき見ながらくるくる回すと模様が代わり綺麗。特になんの変哲もない万華鏡だが審神者が留守の際に大和守がよくそれを覗き込む。時折それに釣られた人外から売ってくれと持ちかけられる事が侭。大和守が大切にしていた為か、万華鏡に力が篭もり、時折覗き込んだ模様の形で主の危機を察知する事ができるようになった。

---------------------------------------------

えむちゃん(@ph_666c)

⊿学生//女性//燭台切光忠

⊿掴み所のない飄々とした雰囲気の審神者
私服である事が多いが会話の内容からしておそらく学生だろうと思われる。人当たりが良く物知り。単純な知識も豊富だが雑学や人間関係の噂など耳が良い。その人格良好者な傾向から政府でも上の人間に目を掛けられていると噂が立っている。本丸別成績は比較的上位。どこか底が見えないのは笑みの向こうに隠された何かがあるから、かもしれない。

「手帳型刀帳」

手帳型の刀帳を持ち歩き、知った事、気になる事を手帳に書き込んだり貼り付けたりする為、かなり使い込まれているように見えるが、何故かページ数が減る事はない。書き込まれているのは他愛もない雑学から彼女の頭の中の思考まで。決して他人に開かれる事は無く、その事実から一部では開けば手帳の中に取り込まれるという噂すら立っているが、真相は不明。

「電話ボックス型移動装置」

本丸内外の移動は基本的に電話ボックス型の移動装置を利用する。
基本的に電話ボックスであればどのタイプでも本丸から線を繋げる事ができる為、受話器を取り、決められた番号と合言葉で本丸に転送される仕組み。逆を言えば電話ボックスが存在しない所には飛べない為、移動はだいぶ面倒なタイプ。本人はそのレトロさと不便さがお気に入り。

---------------------------------------------

九葉さん(@konoichi_sub)

⊿学生兼アルバイター//女性//蜻蛉切

⊿多忙で駆け回る審神者
学生兼アルバイター審神者という三足の草鞋を履く多忙な日々を送っている。が、本人にそれに対した悲観や諦観はなく、むしろ挑戦に満ちた日々に満足げ。その証拠に本丸の成績は良く、どれに対しても手を抜かないというのがポリシー。近侍の蜻蛉切は深夜遅くまで仕事や勉強に手を付ける主にいくらか心配げな仕草は見せるものの、近侍としての仕事さばきは、主顔負けの働き。傍にある様はまるで鉄の壁のような静けさと頼もしさを誇る。

「ナイトサプリメント

黒いカプセルに入ったサプリメント。30日分お徳用。1回3粒。飲むとその日に見る夢を自分で決める事ができる。寝る前にサプリメントを飲み、30分間眠っている時に見たい夢を想像しながら眠る事で睡眠中に望んだ夢が見れる。若者に人気のサプリメントだが、過度な使用は脳の情報整理を妨げる為に禁止されている。

「黒いハイヒール」

靴の底に蜻蛉切の紋が入った黒いピンヒール。霊力と言霊を練り上げ、強くそれを踏むと近侍である蜻蛉切をその場に呼び寄せることができる。市販のハイヒールに自ら紋と式を組み上げ作った簡易的な召喚道具の為、使用は1度が限界。カツンと鳴るヒールの音と呼び寄せられる高い壁は、まさに圧巻。

---------------------------------------------

火月さん(@kagetsu518)

審神者//女性//堀川国広

⊿着物姿のおっとりとした審神者
人の面倒を見る癖があり、それに共鳴した堀川が近侍を勤めている。漂う未亡人のような色っぽさから勘違いされがちだが独身。審神者を専業としている。元々中々良い家柄の出なので醸し出される育ちの良さは隠せていないが、堀川がその分気を張っているのでなんとかトラブルは起きていない様子。意外と甘いものに目が無く、チョコレートケーキが好き。

「金の栞」

きらきらと輝く金色のプレート状の栞。赤色のリボンが通されており、挟んだ本の隙間からちらりと覗く。自分の髪紐を栞代わりにしていた審神者に堀川が初めての給料を叩いて購入したもの。審神者にはその事実が伏せられており、堀川の私物を譲り受けたものだと思っている。堀川の霊力が微かに込められている為、弱い攻撃であれば一度ぐらいは審神者の身を守る事ができる、かもしれない。

「白いハンカチ」

刺繍入りの白いハンカチ。自室で業務の最中に刺していたのを堀川に見つかり、堀川に刺繍の刺し方を教える事になるきっかけになった。常に懐に忍ばせている為、例えば代わりが数百あるとか、本丸で密かな噂になっている事を審神者は知らない。

---------------------------------------------

ばすかさん(@kakegoe_basuka)

⊿学生//??//信濃藤四郎

⊿あどけない、可愛らしい容姿の子供。
愛くるしい容姿は未だ成長途中の為か、または短い髪型のせいか、性別はわかりにくく本人もそれを面白がって明かそうとはしない。年齢も不明だがその外見を裏切らないまっすぐとした純粋さで敵を作らない。けれども自分の容姿や他人からの目をはっきりと自覚しており、時には短刀顔負けの勝負強さと冷静さを兼ね備える。

「がま口ポーチバック」

兎に角なんでも入るがま口ポーチ。両手のひら程度の大きさで、常に肩からチェーンでかけているが、容量オーバー気味に兎に角なんでも入っている。飴や金平糖等の食べ物から、ノート、文房具、鋏、挙げ句の果てには本や寝具まで取り出したのを見た事があるという者が居るほど。けれども希に本人すら使い方がわからない物も出てくる。一節によれば、そのポーチは「誰かに忘れ去られた場所」に繋がっており「誰かが忘れてしまったもの」を「誰かの代わりに取り出している」、らしい。

「迷い知らずの地図」

がま口ポーチから取り出した持ち人知らずの地図。行き先を唱えながら開くと地図上に目的地が浮かび上がり、ナビゲートしてくれる。使い方をそれ以上知らないので、地図に元々設定されている最優先事項「危険分子を避ける」の解除方法がわからず、最悪目的地までの到着時間が「98年後」などと表示されるのも特に今に始まった事ではない。

---------------------------------------------

たまさん(@mametama1231)

⊿社会人//女性//へし切長谷部

⊿おおらかで優しそうな大人の女性。
オフィスカジュアルなシンプルで品のいい服装が示す通り、後輩や年下にも丁寧に接する先輩的な面が目立つ。声を荒げる事は殆ど無く、常に近侍が執事よろしく傍にいる場面が目立つが、審神者会議では慌てるように主を探す長谷部の姿が目撃される事も、何故かしばしば。本人の人当たりの良さと、優秀な成績を収める本丸の運営方法から、新人教育を頼まれることも侭。

未来日記

書き込んだ内容が事実として確定する日記。過去の事を書いても変わらないが、未来の出来事は書き込んだ通りに実現する。しかし、その事柄を実現させる為に強引にでも物事が繋がろうとする為、強く現実がねじ曲がり、辻褄合わせの結果、大事故が発生したり、人が死ぬ場合もある。一度使用された形跡があるが、その後審神者の元で厳重に保管されている。誰が使用したのか、また何が実現されたのかは不明。

「空想舞台装置」

本丸地下にある小さい劇場。簡単な舞台と客席などが用意されており、小型ながらもホールや物販など設備は意外と充実している。本丸の主が客席に座る事が舞台始まりの合図となっており、着席と同時にブザーが鳴る。演目は主の頭の中にあるシナリオ。演者は記憶。時としてどこかの劇場で見た演目かもしれないし、時としてどこかの戦場で見た惨劇かもしれない。演目を選ぶ事はできず、演目がはじまると終わるまで席を立つことはできない。夢のように繰り広げられる舞台上の物語は、フィクションかノンフィクションか、始まらなければ誰にもわからない。

---------------------------------------------

鴇景さん(@tkkg_3s)

⊿教師//女性//物吉貞宗

⊿諦観気味な先生。
元々小学校の教師をしていた所、適性が見つかり審神者へと転職。けれどもその経歴を買われ、幼い審神者相手に寺子屋のような小さな学問所の教師を担う事になる。元々表情に心情が乗りにくい性格からか、過度の疲労に倒れることがしばしば発生した為、近侍は脇差の物吉が務めることとなった。小さな子供の相手が得意なわけではないが、子どもの笑顔には癒されている。教師になるきっかけは、小さな頃の担任の先生に影響されたから。

「虹色ガラスペン」

薄桃色のガラスで作られたペン。使い手が望んだ色のインクをそのペン先から滲ませることができる。はっきりと意識しなければ色が次第に変わってしまう為、気を抜いていると酷くカラフルなプリントが完成する事になってしまう。物吉を初めて近侍にした日、わらしべ長者よろしく手にしてしまった一品。

「ホットミルクマグカップ」

真っ白のシンプルなマグカップ。深夜まで起きている事の多い審神者の為に本丸の刀剣男士がおこずかいを出し合ってプレゼントした。注いだ飲み物を丸一日程度であれば冷まさずに保存する事ができる保温性にすぐれたマグカップ。物吉は独断と偏見でそのマグカップにホットミルクを用意して審神者に差し入れする事が多い。

---------------------------------------------

kokiyoさん(@knks432)

審神者//女性//蜂須賀虎徹

⊿やんごとなきご身分の審神者
口にするのも恐れ多くなるお家の出。適正が出てしまった為、晴れて念願のお家の外に出る事が叶ったが物の見事に世間知らず。近侍の蜂須賀と揃って金銭感覚が多少危うい。一般論とずれている事に自覚はあるようで、指摘された事は素直に飲み込み、真新しく感じる世界が一層輝いて見えるお年頃。しかしながら使命感は強く、鍛錬にも手を抜かない。戦場では雰囲気も一変、男性ですら舌を巻くほどの指揮を取ってみせる、ある種の天才。

ビイドロ

美しい細工が施されたビイドロ。実家よりそのまま持ち出した数少ない所持品で、希に暇がある時に自室で密かにぽこぽこと音を鳴らすのが好き。記憶が朧になるほど小さな頃に神様から貰ったビイドロで、本人はそれを酷く大切にしている。神様から頂いたというと信じてもらえない為、誰にも伝えた事はない。

「赤いあやとり」

赤い毛糸でできたわっか。書物机の端に置いてある小物入れの中に常に置いてある。暇があれば近侍の蜂須賀や短刀達とあやとりをする事があるが、一度失敗するとどこかの誰かの赤い縁がふつりと静かに切れている。

---------------------------------------------

こなこし(@aontmkn)

審神者//女性//鯰尾藤四郎

⊿よく引き篭ってる審神者
独特の鳴き声が特徴的な専業審神者で、本丸の隅で蹲りながら呻いているのを近侍の鯰尾が面白がってつついている様がよく発見されている。実際は面倒見が良く、本丸の成績もそこそこだが刀剣男士に感情移入が過ぎると忠告を受ける事も侭。物事に一直線になりがちなのが良くも悪くも特徴的な為、脇差である鯰尾がリスクケアを請け負う事がしばしば。専業審神者故、外の事に疎くなりがちな所を鯰尾に嘘の情報を吹き込まれ、信じた後に真実を知り追い掛け回すような光景も珍しくない。

「飴玉」

鯰尾が持つ悪戯グッズ。透明な飴玉に綺麗なラインが入ったシンプルな柄物が多く、食べると何かしらの副作用が出る。笑い上戸になったり、その場で飛び跳ねたり、傍にいる人に抱きつきたくなるようなしょうもない効果が多いが、どれも人に危害を加えるような効果は無く、思い込み落ち込む事が多い審神者を励まそうと常に持ち歩いている物。とある駄菓子屋で購入したらしい。

「ふかふか毛布」

かぶった人数分大きくなる毛布。一人がかぶれば一人用の大きさの毛布に、四人でかぶれば四人用の大きさになる毛布。保温性に優れ、どんな所でもぽかぽか暖かい。いつもはストールとして肩に乗せている為、薄くて大判の布地だがそれでもコートが要らない程度には暖かく、持ち主が望めば毛布に変化する。縁側で居眠りをしていた子に掛けたり、居眠りをしていたら誰かから掛けられたりする。洗濯をしすぎて少しぱさぱさしてきたので一度クリーニングに出そうか思案中。

---------------------------------------------

月城さん(@tsukiSS_ryu)

⊿学生//女性//にっかり青江

⊿学生だったのかもしれない審神者
素性を語るのを避ける為、彼女の素性を知る者はあまりいない。唯一知れ渡っている情報といえば怪異や異質な事件などに特に興味を示す様子がある事。またそれらに詳しいという事。知る者として狙われ易い為にっかりを連れているというが、それを嘘も程々にと笑う審神者も少なくはない。彼女は審神者の中ではあまりにも嘘が上手すぎる故に、彼女自身もどれが真実か理解するに難しくなっているからである。

「喪失時間腕時計」

黒いベルトの腕時計。基本的に針は動かず止まったままになっているが、時折、物事を忘れた時間を指し示している。何時に忘れ物、忘れ事をしたかのみを教える為、何を忘れたのかまでは指し示すことがない。また何かを忘れる度に時間が更新される為、過去のログを遡ることはできないアナログ時計。近侍のにっかりがとある妖怪から譲り受けたらしいが、真意は不明。

「陰口イヤホン」

どこかの誰かが呟いた陰口が聞こえるイヤホン。対象を選ぶ事はできず、それが誰かもわからない。陰口が終わるか、イヤホンをつけた人物が「ふつり」と呟くと次の陰口が聞こえる。陰口しか聞こえない為、通常のイヤホンプラグに接続しても音楽は聞けない。陰口の中に怪異が潜むという信条を持つ為、好んで持っているらしいが、他人には「音楽を聴いている」とそのイヤホンの本性は伝えようとはしない。にっかりは「彼女とは音楽の趣味が合わない」と話を誤魔化す。

---------------------------------------------

ととちゃん(@aitoi10)

---------------------------------------------

水人さん(@m1n216t)