読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏部屋本丸ぐだレポ1

3月19日。都内某所。

私主催で友人を集めて撮影会をしてきましたので、その頭の悪いレポです。

 

〜注意〜

・主催は字書き

字書きの癖に誕生日特権振り回して審神者コスしてる

・コスプレの話

・レポ書き手の知能指数が異様に低い

・本編は真面目に書くんだけどあまりにも楽しかったからレポりたい

・口調とか内容は「なんかこんなこと言ってたような気がするな~」っていうアバウトな記憶なので私も真実がわからない。

・色々許して欲しい

 

〜前提事項〜

・字書き主催のレイヤー&カメラマン&字書きのコラボ企画本丸

・字書きの提示した本丸世界観に、レイヤーがその世界に合った自分のキャラ解釈を提出。それを元にカメラマンが撮影。後日字書きが出来上がった写真を見て小説を書くコラボ。

・レイヤーさんは全員相互さん。お知り合いです。ある程度のあれはそれなあれだと思い、ます。

・便宜上、レポはレイヤーさんの名前ではなくキャラ名で書いてます。イメージ崩壊地雷な人は逃げろ。

 

 

▽本丸撮影会前までの話

ずっと前からレイヤーさんとコラボしたかったし、誕生日近かったから「誕生日近いので何卒撮影会来てくれませんか〜?!」って深夜テンションのノリで神様達に声掛けたらよく分かんないけどみんな来てくれたという神話(SAN値チェック)

 

▽本丸撮影会当日の話

 

・寝坊する

寝坊した

寝坊したとき

 

・顔面蒼白で飛び起きて電車に乗る

・慌てながら携帯を触るも、緊張で手が震えてうまく操作ができない

・緊張する

滅茶苦茶緊張する

吐きそう

・って思ったけど飲み物飲んでなくて走ったからだった事に気がつく

 

・へへっ!しっぱいしっぱい!(頭コツン)

 

・それでも20分ぐらい前に最寄り駅に到着しそう

・なんだ楽勝じゃん!良かった!主催が遅れるとか笑い話にもならないからね!

・突然薬研からLINE

 

薬研「驚きの速さで最寄り駅着いた」(集合40分前のLINE)

 

はっっっっっっっっっっや

 

・主催より早い

・凄い

・機動力が凄い

 

薬研、お前が、本丸の主催になれ!(BGM:テニミュ)(デケデケデケデケ)

 

・謝りながら電車に揺れる

 

・地図読めないから迷うかなーと思ったけど無事スタジオ到着

・まだ誰もいない

まだ誰もいない

 

や、やった~~~~~~~~~!!主催が一番乗りだ~~~~~~!!!

 

良かった~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!(本音)

 

・主催の威厳は保たれたと正直滅茶苦茶安堵する

・真面目に一番乗りできて本気で良かった

・利用案内見ながら鍵取り出す

・鍵取れた

・鍵のボックスを閉じる

・閉じようとする

・閉じない

鍵のボックス閉じない

 

・だんだんよくわかんなくなって滅茶苦茶笑う

 

(LINE)

審神者「薬研助けてwww」

薬研「なしてww」

審神者「かぎwww」

「鍵取ったらwww閉まらなくなったwww」

「これは脱出ゲーだったのか?」

薬研「はあ????」

「待ってくれちょっと待ってて」

 

・薬研スタジオ到着

薬研「なにしてんの」

審神者「んふふwwwわかんないwww鍵www取ったらwww閉まらなくなってwwwなんかwwwwこれ脱出ゲーかなってwww」

 

・結局諦めた(閉まらなかった)

 

・でも見事スタジオ一番乗りできた

・主催としての仕事を一つ達成できた感覚

よかった本当によかった

 

・続々とレイヤーさんが到着

 

鶴丸「迷子になっちやったごめんね~;;」

審神者「いいよ~たどり着いてよかった」

鶴丸「あのね、しおり(主催が深夜テンションで作った今回の撮影会のくそしおり)印刷してそれ見て来たの」

審神者「あれ見てきたの」

鶴丸「そうなの。あ、でも上手く印刷できなかったんだけど、ちょうど財布に入るサイズで便利だった!」

 

そっか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よかったねぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・これがバブみ?

 

・本当に来てくれた面子を見て感慨深い

 

審神者「もう終わった感じする」

カメラマン「始まってすらねーよ」

 

・みんな着替えだすけど、少し遅刻さんが二人居たのとなんかいっぱいいっぱいでぼおっとする。

・談笑してる様をカーテン越しに聞いてにやにやする。

・にやにやする。

・本丸…やって良かったなあ……(突然の情緒不安定)

 

・遅刻さん一人到着

 

・みんなの着替えが少しずつ終わりだす

・どきどきするわし

 

・突然カーテンからひょこっと顔を覗かせる一期一振

あ〜〜〜〜〜一期一振が存在してる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まじかよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(口に出すの我慢してる)

・すげ〜〜世界だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜有難う世界〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

・主催突然の買物忘れで買い物に走る

 

・帰ってきて主催っぽい事しないと!と思って周知っぽい事をしようとする

・更衣室覗く

・鏡前(二つしかない)を粟田口がぶんどってる

 

審神者「鏡前粟田口じゃん」

カメラマン「並んでるの可愛いよね」

審神者三日月宗近床に座らせて」

カメラマン「ホントだwwwwwwww」

審神者「三条と五条床に座らせて」

カメラマン「ホントだwwwwwwwww」

審神者「粟田口が鏡前座ってるのやばい(最高)じゃない?」

カメラマン「わかるwwwwwwwww」

 

・椅子の上にあぐらかいて座る薬研

 

審神者「最高」

カメラマン「最高」

審神者「あしやばい」

カメラマン「しかもその薬研いい匂いするよ。赤ちゃんの匂いする」

一期一振「えっまじ?」

 

・薬研の首元に顔を近づけてくんくん嗅ぐ一期

 

一期一振「ホントだ!!!!!」

審神者「ホントだ!!!じゃないんだ一期一振!!!!!!お前相手が弟だからって!!!!!!!!何やってもいいと思って!!!!!!!!!!!!!」

 

・うらやましい(本音)

 

・でも心の中

・刀剣男士がいる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜↑↑↑

君たちは刀剣男士になれるフレンズなんだね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜↑↑↑↑

いえ〜↑↑↑

 

審神者「あっ、一期一振がいる」

一期一振「は?今更?」

 

確かに(確かに)   #確かに

 

・一通り誰々が居る〜ってネタではしゃぐ主催

 

審神者「薬研がいる」

薬研「おう、薬研やで」

 

審神者「小狐丸がいる」

小狐丸「(おててフリフリ)」

 

審神者「鶴丸がいる」

鶴丸「えっ、そうだよ~」

 

しゅげ〜〜〜〜〜〜〜〜(知能指数3)

 

・ここで漸く自分も準備し始める

 

・コンタクト入らん

・入らん

・ウィッグとかかぶり方わかんない

・コスメイクってなに

・てか私なにしてるんだろう

審神者とか緊張する意味わかんない

もう帰りたい(楽しすぎて)

 

カメラマン「大体準備できたっぽいから上(撮影場所)行くか~」

審神者「あ!うん!お、お願い~~!」

 

・緊張してくる

・着々と刀剣男士が居る

吐きそう(興奮しすぎて)

 

カメラマン「今日の鶴丸余命三日って感じする」

鶴丸「三日??!!?三ヶ月じゃなくて?!?!?」

 

三ヶ月だったら鶴丸的には許容範囲だったんだろうか。

 

審神者「光忠燭台切がいる」

光忠「そうだよ~」

審神者「光忠燭台切滅茶苦茶かっこいい」

光忠「ん~でも今日あんまり顔決まらないなぁ」

 

意味わかんない(かっこよすぎて)キレそう

 

審神者「イケメンじゃんキレそう」

鶴丸「まぁ、光忠的には決まらないんだよ…わかってあげて……」

 

・は!!!!!!!!意味わかんない!!!!!!!!!!!!!!!

・だって私!!!!!!!!!!!!!今まで光忠のことイケメンじゃないとか思ったことないもん!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・一度たりともイケメンじゃないとか思ったことないもん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!好きだもん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・好きだから呼んだんだもん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・お前はいつだってイケメンだよ!!!!!ばーか!!ばーか!!!!

・お前も!!!!お前も!!!!!そこのお前もイケメンだ!!!!!ばーーか!!ばーーか!!!

 

すき!!!!!!!!!!!!!!!

 

審神者「光忠燭台切のジャケットがある」

光忠「はは」

審神者「光忠燭台切が着替えてる」

光忠「きがえてるよ~」

審神者「光忠燭台切のジャケットが存在している世界って控えめに考えてすごくない?」

鶴丸「その光忠燭台切ってなんなの?燭台切光忠じゃなくて?」

 

なんだろう(哲学)

 

・突然上で大爆笑が聞こえる

・あれ?この本丸そんな愉快な設定だったか?どうした??

 

鶴丸「下が静かになったね」

審神者「うるさい人が上に行ったからね」

鶴丸「いや別に煩い人が上に行ったわけじゃないと思うよ?!?!」

 

・鶴丸さんなんかツッコミが大変そうだよね(他人事)

 

・どかどか聞こえる笑い声に釣られて鶴丸さんが上へ

・この頃には最後の遅刻さんも来ててラスト慌てて着替えてるって感じに

・目の前でベスト姿の光忠がごそごそしてるのをガン見する

・ベスト姿の光忠ってえっちだな

・よくわかんないけどこっちむいた状態でネクタイ結んでくれた

・あれなに??たまたま??無意識??それともネクタイ結んでるの見せつけてたの????

・私が光忠燭台切って言ってたから???

めっちゃご褒美だったんだけど意味が分かんない

・指先の一本一本の使い方すらガン見したからいつかどこかで使ってやるからなお前の仕草って思った(やくざ)

 

審神者「これ、ねぇ、うぃっぐかぶれてる?」

薬研「かぶれてるかぶれてる」

審神者「まじか。えらい」

薬研「えらいえらい」

 

・えらい(?)

 

・薬研がウィッグのセットを手伝ってくれる

・鏡前に移動する

・隣に清光がいる

 

審神者「清光だ」

薬研「清光」

清光「この状態(ウィッグ被ってない)で言われるの複雑ww」

 

・確かに(?)

 

・でも清光って言ったらピースしてくれるの優しい。

 

・薬研がヘアセットしてくれてる

 

審神者「これ二次創作で見たことある。薬研君が審神者の髪の毛さわってくれるの」

薬研「せやろ」

 

・せやろ(?)

 

せやろでこの幸福を終わらせてしまっていいのか?????

 

・意味がわからない

・薬研がヘアセットしてる

・となりで清光がメイクしてる

・やばい~~~

・やばいな~~~~

・だいぶやばい~~~~

 

・気がついたらセット終わる。

 

薬研「うん、僕がやったセットは可愛いな」

清光「え~あるじ可愛い~~」

 

・お前らの方が可愛いわ!!!!!ばーか!ばーか!!!!!

 

めっちゃすき!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

お菓子とかあげる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

・準備が出来たので自分も上にあがる。

・なんかBGMが聞こえる。

・なんだ?BGM?なにしてるんだ?

・撮影会とかってBGMとかつけるんだ。初めて知った。

・まぁそのほうが確かに気分上がるよね。

 

 

・なんかみんなアンニュイな顔しながらイケメンポーズで集合写真撮ってた

 

審神者「なにしてるの」

カメラマン「フレンズごっこ」

 

>>>>フレンズごっこ<<<<

 

カメラマン「ねぇ美人ばっかりだからなにしても絵になるのやばい」

 

>>>>それな<<<<

 

カメラマン「さっき花壁の前でモノボケ(3秒あげるから自分が一番かっこいいポーズして)したから写真楽しみにしてて」

 

>>>>めっちゃ楽しみ<<<<

 

・ちらっと画面見せてもらったけど、なんかみんなイケメン過ぎて逆に面白かった。なんだあれ。

・イケメンって面白いんだな(?)

 

・今回、写真に関しては完全にカメラマンさんとレイヤーさん任せだったので、私はとりあえず様子見。

 

審神者と刀剣男士のツーショ撮るか~って一通り撮り始める。

・私がっちがち。

 

審神者「背後に一期ちゃんの気配がする」

一期「はっはっは」

 

・ワンチャン殺されるかもしれない(?)

 

・初めて撮影に自分が参加した真面目な感想としては、これは演技だなと思った

・なんかね、存在感があるんだよ

・三日月さんと撮った時、設定的には「三日月さんに話を聞いてもらってる。三日月はそれを優しく聞いてあげてる」というシチュエーションだったんだけど

・三日月さんがあぐらかいて、静かに見下ろしてくれてるのがわかると

・凄い安心するの

・嗚呼この神様に縋れば全てから救われるのかもしれないと思う

・そんな説得力があるの

・反面、鶴丸は手を差し伸べてくれる(ネオロマポーズ)してくれるんだけど、

・これを取ってはダメだって本能的にわかる

「その手を取ってはいけない」っていう空気が鶴丸から出てるの

・もうこれ演技だなって思った

・そう思わせる説得力って、表情、仕草、衣装のでき、雰囲気、どれも全部が欠けちゃいけなくて、

・でもここにいる人たちは、それが全部揃ってる人なんだって、

・改めて思い知ったというか

・わかったふりをしてたというか。

・それを目の前で体験して、嗚呼、生きてるんだなと思った

・解釈も、刀剣男士も、いろんなものが、演じているけど、確かに生々しくて、生きてる

・すごいなーって思った

・単純に。この人たちは凄い事をしてる人たちなんだって思った。

・写真だけじゃわからない世界がここにはあるんだなって思った。

・それが一人一人違って、でも根っこ、共通でみんな演じてる。一瞬を。

・すごい。

 

・勝手に一人で感動してた。

 

・感動してたのに下では「いぇえええええええええい!!!!くううううううぜんぜつごのぉおおおおおおおお!!!!超絶怒涛のォロイヤル刀剣ンンンンゥ!!!!!!!!!!!!!!!!」って聞こえるの本気で腹筋がやばかった。

 

・あの人(ロイヤル刀剣)なにしてるんだ。

 

 

つづく