読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根裏部屋本丸ぐだレポ2

~前回の話~

超絶怒涛のロイヤル刀剣がイエエエエエエエイ

 

~つづき~

 

・上で真面目な撮影してたら一期一振が「ジャスティス!!!!!!」してた

・声だけで面白いからやめてほしい

・カメラマンが「ちょっとまってて」って下の様子見に行く

・後でデータ見てわかったんだけど、その時下の様子を数枚撮ってたらしい

・突然データに挟まる一期一振に腹筋死んだ

むり(最高)

 

・本丸自体は結構不穏な設定の話なので、写真自体は結構真面目

・だからか、終わる時とかは結構「ふえ~ん;;」ってなる

・なんかノリではぐとかする

・光忠と撮り終わった後もはぐしたんだけど

・あいつ人の肩をがしって抱いて耳元に口元寄せるんだよ

 

えっちかよ

 

・意味わかんない(結婚)

・その割に「そんなことしたっけww全然覚えてないww」とか言う

・私この人が一期一振してた時に尻触られたの未だに覚えてるからね

・いつか事案纏めて責任とって結婚だわ

は~~むり~~(最高)

 

・ここら辺で多分清光出てくる

清光「あ~るじ♥お待たせ♥」

 

????????????????????????????????????????????????????????????????

 

今あるじって言った????????????????????????????????????????????????????????????????

 

・言質

 

・最高過ぎて思わず真顔になる

・しかもお待たせ♥って言いながらピースする

・可愛い

・いみわかんない

・推せる

心のペンラ振れる

 

・ここら辺から(みんな「あるじ」とか呼んでくれるからワンチャン「うちの子」とか言ったらうちの子になるんじゃないかな)という邪な気持ちが芽生え始める。

・最早好きな人に囲まれすぎて意味がよくわからなくなる

 

審神者「(上着置いてる…)鶴丸の上着きていい?」

鶴丸「いいよ~」

審神者「重い……上着重い……」

鶴丸「意外と重いよ~」

 

>>>>>>鶴丸国永の上着は意外と重い<<<<<<<<<

 

>>>>>>>>皆さん使ってください<<<<<<<<<

 

・私はどこかで使います。

 

 

・ある程度時間が経ったのでお昼へ

・ふらふらしながらご飯食べれるスペースへ戻る

・レイヤーさんって色々とすごいんだなぁと思う

 

審神者「じゃま、これ脱ご(パニエ脱ぐ)」

 

鶴丸「審神者wwパスタサラダ食べてるのww」

審神者「うん(ドヤ顔)」

鶴丸「がっつり食べるねぇwww」

審神者「(パスタサラダってがっつりなのか…)うん……」

 

>>>>>>女子力の枯渇<<<<<<<<

 

・パスタサラダは控えめな心算でしたが確かによく考えればもっと食べやすいものにすればよかったです!!!(食い意地)

 

・もぐもぐしながらぼーっとする

 

・目の前でカメラマンと鶴丸がなんかえっちな話してた

・向かい側で薬研と燭台切(話の対象にされてた二人)がいた

・なんか高いお金払ってえっちなお店に来て品定めしてる人たちを見てるような気分だった(モブ)

・えっちだな~(?)

 

カメラマン「んんn~~~薬研君んんん~~」

薬研「はっはっは」

審神者「大変な事なってる」

カメラマン「いやこれ昼ご飯だから、これがエネルギーチャージ」

審神者「なるほど(?)」

 

慣れてるな~~~~~~~

 

・ぼーっとしながらご飯食べてたら目の前で光忠が脱いでた

 

ぼーっとしながらご飯食べてたら目の前で光忠が脱いでた

 

????????????????????????????????????????????????????

 

脱いでるな????????????????????????????????????????????????????

 

・捏造内番に着替えるためだったらしい

・何かのサービスかと思った

・毎回思うけど、光忠の上着脱いだベスト姿ってえっちだよね

 

・無心でご飯食べ過ぎて何にもできないまま言われて慌てて次の撮影準備

・お菓子準備する

 

審神者「小道具です。お菓子選びにも解釈を詰めました。レイヤーさんはこういうの慣れてると思うのでなんかいい感じに使ってもらえませんか」

 

>>>>>横暴<<<<<

 

・でもみんないい感じに使ってくれました。

・レイヤーさんって凄いな

・三日月さんにはマシュマロ

 

三日月「食べていい?食べていいの?」

カメラマン「いいよ~食べて~」

三日月「(はむはむはむはむはむ)」

 

可愛い

 

一期一振「ああもう!!!口元!粉ついてる!!!!」

三日月「????こっち?ここ???」

一期一振「待って!!!!!あ"ー!もう!!!!」

三日月「?????」

 

豊臣夫婦刀有難う

 

 

有難う

 

・うっ………………

 

・小狐丸はこんこんして食べてた

・指がこんこん

・ぴーんて

・くっ………………

・んんんn…………

・可愛いねぇ……………

 

・薬研めっちゃ鬱だし

・いみわかんない

・かなしい

・なんで幸せにならんのや………

・やだ………………

 

・※個人の審神者の感想です

 

・着流し光忠(捏造内番)出てくる

 

めっちゃ肌見えてるよくないよそういうのえっちだよ

 

・設定がある子は、後半は捏造内番してくれました

・本丸に住んでるから、必ずしも公式の内番で暮らしてるわけじゃないよね

・っていう

・なんか

・そういうの(アバウト)

 

・だから撮影見てる時に着流し光忠が隣に座ってたりするの

・すげー心臓に悪かった

・あと着流し光忠ブーツ履いてたよ

・着流しにブーツえっちかよ

絶対どっかで使ってやる

 

・時間最後の方になってわたわたやりたい事を急に伝え出す

・時間掛かる組はお着替えに入る

 

審神者「あ、あの絵だけほしい、あの光忠の~…」

カメラマン「ふんふん、じゃあもうお前壁ドンしてもらいなよ」

審神者「マ"っ」

 

なんでそういうこと言うんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

実際人がしぬところちょっと楽しんでるだろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

クソッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!また薬きょこ書くからな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

・(私信)

 

・薬研とも最後に撮りたいの~って撮ってもらって

・清光が最後にこうこういう雰囲気撮りたい~ってもっかい上へ

 

清光「温度差出したいから、最初は楽しそうな感じで、最後は暗い雰囲気で撮ってほしい~」

カメラマン「あ~なるほどね!了解~」

 

・楽しそうな感じ(にやける)

 

・清光が後ろ(少し高いところ)に座ってて、審神者下に座ってるから、後ろからぎゅーって

そりゃにやけるでしょう

 

・へへ~ってなる

・恥ずかしくて手もじもじする

・がさがさ後ろで動く音する

・小道具?かな?なんか使ってたのあったっけ

 

清光「じゃーん(青い袋差し出す)」

審神者「???」

清光「プレゼント」

審神者「???(プレゼントっていう設定の撮影小物かと思う)」

清光「あるじ誕生日おめでとう~♥」

審神者「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

・ガチプレゼントだった(震え声)

 

審神者「えっ……」

審神者「えっ……ぁっ………」

審神者「えっ…………?;;;;;;;」

清光「ほんとは袋も赤が良かったんだけど~」

審神者「えっ?;;;;;;;;;」

 

・なきそう(なきそう)

 

・袋開けてみたら、パックとか、ハンドクリームとか、ケアセット入ってた

 

清光「いつまでも可愛いあるじでいてくれるよーに♥」

審神者「(可愛くなろう;;;;;;)」

 

・袋の中からお菓子出てくる

 

審神者「お菓子だ」

清光「あ、それ赤いパッケージのお菓子(少し照れ気味」

 

????????????????????????????????????

 

赤いパッケージのお菓子????????????????????????????????????????????????????????????????

 

かわいすぎるんじゃない????????????????????????????????????????????????????????????????

 

・自分の色が赤だからって赤いパッケージのお菓子買う清光かわいすぎるのでは???

・確信犯なのでは???

・意味がわからないのでは????

 

・サプライズプレゼントとか聞いてなかったので

・普通に嬉しくなってだめでした

いやサプライズだから聞いてなくて当たり前なんだけど

・好きな人の好きなキャラからプレゼントもらうとか

・凄い気持ち悪い感想かもしれないけど

・嬉しすぎて涙出そうになった

・多分ちょっと出た

 

 

・その後、無事撮影終わり

・最後の最後に、審神者が本丸に入る場面を少し無理言って撮ってもらった

・夢のような時間の、時系列的には一番最初

・一番最後に、一番最初を撮って撮影は終了

・凄いふわふわとした気持ちのまま、撮影は終わりました

 

 

 

 

~つづく~